コラーゲンの生成に不可欠

不足すると壊血病の危険が

サプリメント

アスコルビン酸とは、ビタミンCの化学名です。多くの動物は自分の体内でビタミンCを合成することができますが、人間にはそれができないため、食べ物から摂る必要があります。ビタミンCつまりアスコルビン酸は、骨や軟骨・肌、さらには血管などに含まれるコラーゲンをつくるのに欠かせない物質です。また、動脈硬化を予防する働きもあるといわれています。アスコルビン酸が不足すると、コラーゲンが生成できなくなるため、肌や血管の弾力が低下します。そうなると体細胞組織が弱くなり、出血しやすくなります。さらに欠乏すると、皮膚や消化管からも出血するようになり、ひどくなると細胞が壊死します。これが壊血病です。昔の病気と考えられがちですが、栄養が著しく偏ったりすると現代の先進国でも十分起こりうる病気ですので、アスコルビン酸が不足しないように注意することが重要です。

サプリメントで補給を

アスコルビン酸は野菜や果物に多く含まれています。しかし水で洗ったり加熱したりすると失われやすいという性質を持っています。そこで、アスコルビン酸をサプリメントで摂るという方法があります。天然のアスコルビン酸サプリメントは多くがローズヒップなどからつくられます。一方、合成の場合はトウモロコシなどの澱粉から抽出した成分を発酵させてつくられます。したがって、天然由来であっても合成であっても、アスコルビン酸自体の質に問題はなく、効果や吸収率にも差はないといわれています。最近は天然もののアスコルビン酸が安全だという声がネットなどでもよく聞かれますが、効果や安全性に差がないということが周知されれば、アスコルビン酸のサプリメントは今以上に利用しやすいものになると予想されます。